薄毛になったら知っておきたい!男性型脱毛症のagaとは?

agaの基礎知識について

agaとは「Androgenetic Alopecia」の略で、男性型脱毛症のことを指します。成人男性に多い髪の毛が薄い状態のことで、思春期以降に症状が現れるのが一般的です。髪の毛が薄くなるのは額の生え際部分や頭頂部、また両方の部分です。原因として考えられるのは男性ホルモンの影響や遺伝です。多くの人の薄毛は進行して、何もせずに放っておくと薄毛が悪化します。早めにケアをすることで進行は抑えられると言われています。agaの症状が現れても産毛は残っているので、きちんとケアすれば太く長い毛が再び生えてくることもあるのです。

agaにはどんな対策がある?

agaの症状が出始めたら、専門のクリニックで治療をします。専門医の意見を聞きながら治療を進められるので、安心感があるのが特徴です。クリニックでの治療は投薬がメインで、毛を生やす作用のある薬や抜け毛を防ぐ薬が処方されます。薬を飲みながら通院して、進行度合いをチェックしながら治療を進めていきます。

agaの進行を出来るだけ抑えるためには、日常生活に気を付けることも大事です。アルコールの過剰摂取やタバコ、過度なダイエットなどに注意しましょう。アルコールは適度であれば問題はありませんが、飲み過ぎると胃腸との関係で髪に必要な栄養が行き渡らなくなると考えられています。タバコも血管を収縮させる作用があり、血流が悪くなって栄養が行き渡りません。さらにダイエットは髪の成長に必要な栄養素が不足する可能性があるので、無理なダイエットは控えましょう。

agaの治療は早期に行うことがとても重要です。なぜならagaはどんどん進行して行くからです。agaを横浜で治療するのであれば横浜駅周辺にクリニックが多数あり通院するのに便利ですよ。