着こなし方で差をつけて!レディースファッションのおすすめテクニック

シャツインスタイルはシルエット重視で

レディースファッション誌などでよく取り上げられるシャツインスタイルですが、着こなし方次第ではかえって野暮ったい印象になってしまうことも。シャツインスタイルで重要なのはいかにきれいなシルエットを作るかどうかです。薄手の生地はフロントイン、厚手の生地はオールインというように、生地の素材によって使い分けるのがポイントですよ。

フロントインは素材によって使い分けて

フロント部分だけインにチャレンジしてみたいけれど、いまいち上手く決まらなくて悩んでいるという方も多いでしょう。ただ単純に前だけボトムスに押し込むのでは、格好良く決まりません。フロントインに向いているのは、シャツやカットソーといった薄手の生地のアイテムです。厚手のニット素材のものでも、デコルテ部分が大きく開いた緩めのものであれば、フロントインも素敵に決まりますよ。

ボタンなしのアイテムの場合

Tシャツやカットソーのようにボタンのないアイテムでフロントインする場合、まずはおへその近くまで出来るだけシワを伸ばしながらボトムスに押し込んでいきましょう。その後、軽くサイドをつまみながら少しだけ引き出してあげます。フロントからバックにかけて、緩やかなカーブ状を描くのが理想的!おへその下部分に小さい山が出来るようにするときれいに仕上がりますよ。

ボタン付きのアイテムの場合

ボタン付きのシャツの場合は、あえてシワを付けてインするのがおすすめ。あらかじめ腰骨付近の両サイドを軽くつまみ、ボタン側に折り込みながらボトムスに押し込んであげると、キッチリ感が出てクールな着こなしになりますよ。ボタンラインが真っ直ぐになるようにするのもポイントです。

クリニックでは、すね毛の脱毛にレーザーを使用しています。毛の根元にレーザーを照射して、基幹部を破壊します。